記事

WTI原油先物は35ドル割れか?

原油相場は、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコが5日、10月のアジア向けの原油公式販売価格をバレル当たり1.40ドル引き下げ、オマーン・ドバイ原油の平均価格をバレル0.50ドル下回る水準に設定、この措置がアジア地域の燃料需要の伸び鈍...
記事

おはようです。 週明けNY市場は、おはようです。 週明けNY市場は、トランプ大統領が強制労働が疑われるウイグル自治区産の綿花、トマト製品の輸入禁止措置をとる方針を示すなど対中強硬姿勢を表明したほか、原油価格の下落を受けて投...
記事

株価はテクニカルがサポート

おはようです。 NY市場は、新規失業保険申請件数が前週から減少し、労働市場の回復改善の兆しがみられたものの依然高止まりとなり、また8月の非製造業総合指数は前月から低下し、経済再開や財政刺激策の効果が薄れている可能性を示唆、これらを...
記事

WTI原油先物、下振れ警戒

WTI原油先物は、米国内原油在庫が前週比で市場予想を大きく上回る減少となったにもかかわらず反落です。 週足ローソク足は、一目均衡表の雲の下限に接近し、ストキャス下降ダイバージェンスが現れ、目先の下振れ警戒の形状です。
記事

動き始めた日本株

寝覚めの良いおはようです。 日経225先物夜間取引は、前日のNY市場でS&P500とナスダックが最高値を更新し、NYダウも2月に付けた最高値に迫った流れを受けて、コロナショック後の戻り高値を更新し、2万3500円台に乗りました。 ...
記事

逆張りKOパンチ

「逆張りKOパンチ」で勝利を手に。 勝てるから楽しい逆張りトレード、その魅力をキタサンがたっぷりと語ります。 是非、会場セミナーでお聞きください。 大阪 5日(土曜日) 名古屋19日(土曜日) 東京 27日...
記事

米中の景気回復鮮明に

COMEX銅先物相場は、コロナショックの急落から反発し、テクニカルは一目均衡表が三役好転となって、長期上昇トレンドに入ったことを暗示させる。 銅相場は景気動向を敏感に反映することから、前日発表の米中の8月製造業PMIが高水準となったことも...
記事

バリュー株(割安株)で資産倍増

銀行セクター指数は、2015年高値から半額の大バーゲンとなっています。 本日のメガバンク予想配当利回りは 8316三井住友FG・6.09% 、8306三菱UFJFC・5.67% 、8308りそなHD・5.54% 、8411みずほF...
記事

トレンドフォローで最高値更新

NY市場は、米供給管理協会(ISM)の8月製造業景気指数が前月から上昇し、2018年11月以来の高水準になり、中国や欧州でも8月製造業部門に改善が見られており、またムニューシン財務長官は新型コロナ追加対策の協議を巡り、民主党のペロシ下院議...
記事

NYダウ、ちょっと休憩

おはようです。 米連邦準備理事会(FRB)による2%超のインフレを容認する新戦略や、新型コロナウイルスのワクチンや治療を巡る期待感からリスク選好となるなか、株式を分割したアップルが3.4%高、テスラが12.6%高となってハイテク株を...
タイトルとURLをコピーしました